2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の黒人問題

 本ブログ1月24日付けの記事で、不況下の日系ブラジル人に押しつけられている不当な首切りについて述べた。私としては、合法的に就労している人たちに対して、日本は最大限の保護を与えるべきであるということを、声を大にして言いたい(というか、最小限、労働基準法は守りましょうという、控えめな主張をしているに過ぎないのだが)。

 ところで、人権を重視する人の中には、合法的に入ってきた人の権利を擁護するだけではあきたりず、入国管理行政自体を敵視したり、形骸化させようとする傾向がある。しかし、合法的に入ってきた人を保護することと、非合法に、あるいは無秩序に外国人労働者が入ってくることは、別のことであって、合法的に入ってきた人の権利の擁護と、厳密な入国管理行政(つまり水際で非合法な入国を防ぐ)は、人権を守る上で、車の両輪のようにふたつながら必要なことだと思う。

 先日、『日経ビジネスONLINE』(2008.12.17号)の北村豊氏によるルポ「不法滞在のアフリカ系黒人に“占領”される中国・広州市~中国本土3300キロをタクシーで巡る(その3)」を読んで、その感を強くした。この記事によると、中国南部の広州市に大量の黒人が流入して、中国人との間に摩擦が起こっているらしい。2007年の広州市の人口1300万人ちょっと(市といっても、人口は東京都より多いぐらい!)のところに、30万人ぐらいの黒人人口があり、毎年30~40%の勢いで増加して、2010年には50万人に達するそうだ。しかも、その黒人人口の90%は、不法滞在。
 どうして、そんなことになったかは、記事を見ていただくとして、その結果、今後重大な問題を引き起こすのではないかという危惧をいだかせる。1900年代前半のアメリカ合衆国北部では、奴隷解放によって自由の身になった黒人が、南部から大量に流入した。その結果、拒絶反応を起こした白人たちにより、多くの人種暴動(白人が黒人を襲う)が引き起こされた。歴史的にみると、急激な人口流入によって、もともといた人たちの生活が脅かされると、大きな人種摩擦がおこり、死人が出るような騒ぎになることも少なくない。脅かされる方も、大概は貧しい人びとであることが多く、生活のかかった排外行動となる。一旦そうなると、それらを食い止めるのはむずかしい。中国でそうならないことを願うと同時に、日本にとっても、「他山の石」としなければならないだろう。

※ 北村豊「不法滞在のアフリカ系黒人に“占領”される中国・広州市~中国本土3300キロをタクシーで巡る(その3)」 『日経ビジネスONLINE』(2008.12.17号)
   http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20081217/180561/

スポンサーサイト

オバマ演説

 オバマさんの大統領就任演説には、全世界が注目していましたね。私自身は、あまりに過度な期待をかけるのは、オバマさんに気の毒だと思っていましたので、特に落胆はしませんでしたが、ものすごく期待が大きかったせいか、マスコミ的にはやや落胆の空気がありますね。それはともかく、オバマ演説の全文は下記で。

※ オバマ大統領就任演説全文(『読売新聞』)
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081107-5171446/fe_090121_01_01.htm
 日英対訳なので、英語の勉強にもなります。(^^)v

 読売に全文が載っているのを、ニューメディア人権機構のメルマガ「ふらっとプレス」(2009/01/23発行 No.0381)で知りました。このメルマガは、映画情報なども載っていて、なかなか有用なので、購読(無料ですが)をお薦めします。

※ ニューメディア人権機構のメルマガ「ふらっとプレス」
   http://www.jinken.ne.jp/about/magmag.html
   http://archive.mag2.com/0000066949/index.html←バックナンバー


 ついでに、オバマ演説が対比されることの多い、かの有名なキング牧師の「私には夢がある」演説は、下記で。学生から聞いたところでは、最近では日本の英語の教科書にも載っているのだとか。

※ 私には夢がある演説(I Have a Dream Speech)
 動画(約18分)
  http://www.mlkonline.net/video-i-have-a-dream-speech.html
  http://video.google.com/videoplay?docid=1732754907698549493
  http://www.americanrhetoric.com/speeches/mlkihaveadream.htm
   ↑英文付き
 和訳
  http://longtailworld.blogspot.com/2006/02/i-have-dream-speech.html
 日本語による「私には夢がある演説」の文章ごとの詳しい解説(ただし、全文ではなく抄録)
  近江誠『感動する英語!』(2003年、文藝春秋、1470円)音声のCD付き。
  http://www.amazon.co.jp/dp/4163655107/

 キング牧師は、1968年4月4日に暗殺される前日、次のように語ったそうです。「皆さんと同じように、私も長生きがしたい。長生きをするのも悪くないが、今の私にはどうでもいいのです。神の意志を実現したいだけです。神は私が山に登るのを許され、私は頂上から約束の地を見たのです。私は皆さんと一緒に行けないかもしれないが、ひとつの民として私たちはきっと約束の地に到達するでしょう。」(ウィキペディア「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア」より)。キング牧師が山の頂上から見た景色の中に、オバマ大統領の姿は見えていたんでしょうか…。

私たち“使い捨て”ですか~広がる日系人の解雇~

 この不況の中、外国人労働者へのしわ寄せが強まっていますが、1月23日(金)19:30~19:55NHK総合テレビ「かんさい熱視線」の「私たち“使い捨て”ですか~広がる日系人の解雇~」を見て、その厳しさを見せつけられました。そして、普通に酷いというより、企業側のやり方のえげつないこと。ある派遣会社社長のいうには、日系ブラジル人を管理するのに重要なことは、日本人労働者と接触して、待遇の差に気がつくことのないようにしむけることだそうです。そのために、日本人とは別に専用の寮に住まわせ、専用の送迎バスで送り迎えし、深夜労働で時間もずらせて働かせる。そうすると、雇用保険、健康保険、有給休暇などがあることに気づかなくて、安くこき使えると。本当に、強欲な。革命を起こしたくなるね。(^^)v
 部落解放運動を発展的に解消・再生して、地域での人権活動の必要性を感じている人は、この番組は必見です。再放送は、1月26日(月)11:05~11:30 NHK総合2 Gコード3701355。(ただし、関西限定と思います)
 この種の有用なテレビ番組を見逃さないように、「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」を購読しましょう。
※ 京都部落問題研究資料センター メールマガジン
   http://archive.mag2.com/0000088471/index.html
※ 「かんさい熱視線」のHP
   http://www.nhk.or.jp/osaka/program/nessisen/

WEB紹介:底辺高校の卒業生が見た「オバマ」への希望

WEBの記事紹介です。

ルポ:“弱者”として生きるアメリカ
林壮一「底辺高校の卒業生が見た「オバマ」への希望 底辺高校の卒業生が見た「オバマ」への希望」『日経ビジネス ONLINE』(2009年1月21日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090116/182972/

 アメリカの格差再生産の状況がわかります。


長野美穂「「今度こそ本当の奴隷解放よ」、69歳の黒人女性は言った」『日経ビジネス ONLINE』(2009年1月21日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090120/183205/

 これで、「黒人だから××できない」という時代には一区切りですね。黒人がどこまでも上へ行ける。しかし、黒人にとって、「ガラスの天井」(平等を建前としながら、隠然と垣根を作られる)がなくなったことと、現在のように、人種差別を主たる原因としない貧困の再生産が克服できるかは、別の問題です。これって、部落問題と同じ課題ですよね。

We have overcome.

 オバマさんが、無事、大統領に就任しましたね。授業でも、アメリカの公民権運動を扱っているので、何としても、初めての黒人大統領誕生の歴史的瞬間をこの目で見ておかねばと、昨日は深夜3時まで大統領就任式の生放送を見ていたので、今日は、睡眠不足です。しかし、後々、教科書に太字で書かれるような歴史的瞬間をこの目で確認できて、大満足。
 アメリカの人種差別主義者の人たちは、黒人の進出を阻むためには、手段を選ばないところがあるので、オバマ氏が宣誓を終えるまでは、どこからか狙撃されるのではないかと、手に汗握る思いで見ていましたが、宣誓が無事完了して、本当に、がっくり力が抜けるぐらい安堵しました。
 連邦議会議事堂前に集まった人の中に、"We have overcome"というプラカードを掲げている人がいました。まさに"We shall overcome!"=「我らは打ち勝たん」という公民権運動の合い言葉が実現して、"We have overcome!"=「我らは打ち勝った」わけですね。英語の文法の例文に使えそうです。
 1954年のブラウン判決、1955年のモントゴメリ・バス・ボイコット運動から半世紀あまり。苦難の末に、やっと黒人の大統領が誕生。長い気もするし、あの酷い人種差別の時代から50年でここまで来たのだから、早いと言えば早いですね。
 これから、オバマ大統領がすごい実績をあげるにせよ、あるいは、成果を上げずに終わるにせよ、黒人が大統領になったという、そのことだけでも大きな一歩です。これから、黒人大統領が在任する中で生まれ育った黒人の子どもたちは、今までとは違った自己像を描くでしょうね。もっとも、現在の多くの黒人の人たちが余儀なくされている貧困が、すでに人種差別の解消では解決しないことが、今まで以上に明確になっていくでしょうが。

«  | HOME |  »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

灘本昌久へのメール

ここから直接メールを送れます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
このメールの件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

このブログに、携帯からアクセスできます

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。