2008-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田秀秋氏が死去

 『神戸新聞』の報じるところによると、湊川高校での同和教育の実践で知られる西田秀秋氏が亡くなったそうである。私ぐらいの年齢(1956年生まれ)の世代で解放教育に関心があれば、湊川高校での実践を聞いたことがなければモグリというぐらいのもんであるが、一時代が去ったというべきか。

「同和教育に尽力 元校長の西田秀秋氏が死去」(『神戸新聞』2008.3.24)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000888525.shtml
スポンサーサイト

「激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~」のエピソード

 3月3日のこのブログで、NHKスペシャル「激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~」を紹介した。その時の取材のエピソードが、今日の『朝日新聞』土曜版=「be on Saturday business」3頁に紹介されている(莫邦富「感謝する寧夏の運転手」)。
 この番組の取材でチャーターされたロケ用のバスの現地運転手は、最初、単なるビジネスとして運転していた風だったが、そのうち、ものすごく協力してくれるようになったそうである。その働きにたいして、莫さんが礼を言うと、自分こそ感謝しているとの返事だった。彼いわく「みなさんと一緒に何度か食事をともにした。5人で料理の数がいつも5品まで。食べ残しは持ち帰る。中国より豊かな日本から来たあなた方が豪華な食事をしないばかりか、食べ物をとても大事にしているのを見て心を打たれた。家族にもこのことを話し、あなた方には全力を挙げて協力すると誓ったのです。…いつも豪華な宴会を開いているここの幹部たちがみんなあなた方のように無駄のない食事をしていれば、子どもたちはもう少しおなかを膨らませることができたのに」。
 これを読んで、人の意識を変えたり、偏見をなくすために重要なことを再認識させられた。やはり、何か感動を与えてこそ人の意識は変わる。そして、相手の意識を変えるためには、まず、自分の身を慎まねばならない。そもそも変えようとして演技するのではなく、常日頃の行動から滲み出た行為こそ、人に感動を与える。なかなか、「言うは易く行うは難し」だが…。
 最近の不祥事を見るにつけ、部落解放運動・同和業界でこれと正反対のことが行なわれているのは、嘆かわしい限りだ。そういえば、上田正昭先生が、2月25日の部落解放・人権研究所総会で講演されたときに、河原者又四郎の名言「屠家に生まれたのを悲しむが、だからこそ命を大切にする」というのを引用されたそうだが、まさに上記のことだと思う(研究所通信 355号、2008.3.10,p.3)。

滋賀県同和問題研究所の解散

 『部落問題研究所 会報』186号(2008.4.1)は、部落問題研究所と提携関係にある(つまり共産党系)研究機関の最近の状況を特集しているが、特に目を引くのは、滋賀県同和問題研究所理事長=山田稔氏によるトップ記事「滋賀県同和問題研究所は近く解散します」である。地方単位の部落問題研究機関としては、最も老舗の部類に入る「滋賀県同和問題研究所」が、近く解散する予定で、月刊『滋賀の部落』もこの3月号で終刊とする由である。研究会の時代から数えると40周年にあたるそうで、山田氏による終結の文章にはどこか苦渋とも安堵ともつかぬ感慨がにじみ出ている。私自身としては、部落問題に関連する研究・教育・啓発機関は、細く長く続けていくべきものと思っているので、残念であるが、ともかくお疲れ様でした。
 その他、会報には、岡山・兵庫・愛知での研究機関の存続の苦労が報告されており、部落解放同盟系の類似機関と、かかえる問題は同様であることが見て取れる。一つには財政の問題であり、もうひとつは、部落問題から人権への転換(私から見ると拡散)にともなう焦点の定め方である(この点については、またの機会に論じる)。

 現在の部落問題の現状と同和予算の削減の中にあって、部落問題の研究・啓発機関は少し過剰気味で、都道府県単位に一つが成り立つというのは無理なことだろうと思う。まして、それぞれの地域で、解放同盟系と共産党系が並立すれば、なおさら過剰であろう。本当は、道州単位(まあ、北海道と東北には不要と思うが)ぐらいにまとまれば、ちょうどいい規模と予算ではなかろうか(それでもたいへんだろうけれども)。
 また、運動の都合で研究機関が対立している状況も、そろそろ解消したいものである。もちろん、今までの経過があるので急には無理だと思うけれども、本来は、部落差別をなくすための研究・啓発の中で、机をならべることさえできないほど対立があろうはずもなく、今あるのは、部落問題解決の外側にある問題が内側に持ち込まれているだけである(実際、50歳未満の世代の研究者では両者にそれほど大きな溝はない。溝があるのは、全共闘世代まで)。日本共産党がそろそろヨーロッパの共産党のように、共産党の看板と前衛党主義を捨て(そうすれば、政権獲得だってできるかも)、また、一方で、部落解放同盟が、同和事業獲得第一主義を捨てて、地道な市民運動にスリム化すれば、それほど大きな障害はないと思うのだが。
 まぁ、当分、どちらも無理と思うけれども。

「人権交流京都市集会」への名称について

 このブログの2008.2.17の記事「沈み行くタイタニック」で、「部落解放研究京都市集会」が「人権交流京都市研究集会」に変わったことについて、批判的に書いたところ、集会の実務を担当した方より、概要以下のような意見があった。

1.名称変更は、京都市からの圧力によるものではなく、基調報告に書いてあるとおり、「多くの社会的な矛盾を解決してきた部落解放運動や、同和事業、同和教育の成果を普遍化していく」必要があると集会主催者側で主体的に考えた結果である。
2.この意見は、抗議というものではないが、研究者が発言するからには、事実をちゃんと調べてからにしてもらいたい。
3.おちょくったような文章は不快である。

 以上の意見を聞いて、私は大いにおどろいた。確かに、今まで、この京都市集会に関しては、パネリスト、司会、裏方として、何年も関わってはきているのだが(「反天皇制」を批判した筆禍事件までは)、名称変更について具体的な経過・理由を聞いて批判したわけではなく、推測で書いていたからである。したがって、1~3については、不適切であったので、まずもってお詫びしたい。
 しかし、正直なところ、部落解放同盟みずからが「部落解放」の集会名称を進んで放棄することなどあるのだろうかと、疑問には思うし、また、うやむやのうちに放棄することは運動の自殺行為であるという考えは変わらないので、念のため関係者に問い合わせたところ、今から3年程前にはすでに京都市から部落解放同盟京都市協議会に対して「“同和”とか“部落解放”の名称では集会への補助が出しにくいので、何とかしてほしい」という打診、要望があり、両者のあいだで話し合いが持たれていたそうである。そもそも私の推測は、まったくのあてずっぽうで書いたわけではなく、ここ何年来の行政、運動、研究(特に、京都部落問題研究資料センター所長としての4年間)の中での様々な経験の降り積もった中から書いたので(“部落解放”を“人権”に変えて欲しいとの要望を含む)、それほど外れていたとは思わないのであるが、やはり、名称変更に関して、補助金との関わりは無きにしもあらずといわねばならない。そして、市の当局者や解放同盟の上の方で話はついたのだけれども、それを露骨に言うわけにもいかず、うやむやの形で下に名称変更の方針をおろしたのではなかろうか。←ここは、推測であるが。
 しかし、文章上、不適切なところがあるので、再度、2008.2.17の記事を訂正する。「大本営」に関しては、てっきり基調報告を書いた人が名称変更の裏の事情を知っていたと勘違いしていたので、削除。また、「お金欲しさ」は、表現が下品であるので削除する。
 こんな訳で、字句の訂正は、大山鳴動ネズミ一匹の感があるが、集会名称変更の問題に関しては、部落解放運動の今後に関わる重要事項だと思うので、今後、中味の議論を続けたいと思う。

毎日放送「VOICE」報道の感想

 既報の通り、3月6日(木)、毎日放送「VOICE」で「同和不祥事」・部落解放運動の報道がありました。10分ほどの特集で、部落解放同盟全国大会の様子が報じられ、組坂繁之委員長の涙の挨拶、藤田敬一さん(元岐阜大学教授)、佐々木寛治さん(豊中支部)、そして私のインタビューで構成されていました。
 藤田さんとは、8年近くお会いしていないのですが、お元気そうで良かったです。20年前に解放同盟が聞く耳を持っていたら(『同和はこわい考』での問題提起に)、こんなことにはならなかっただろうと言っておられましたが、その通りです。あの時の部落解放同盟による常軌を逸した藤田さん攻撃が、今日の同和不祥事の遠因をなしているといっても過言ではありません。まじめに考えている人も口をつぐむようになり、また、藤田攻撃に同調して、運動のご機嫌をとる「提灯持ち」が多数現われました。多様な意見が切磋琢磨する雰囲気は消えましたね。その大きな責任は、当時の中央本部書記長の小森龍邦氏にあると思いますが、その点は機会を改めて述べたいと思います。
 佐々木寛治氏も旧知の間柄なのですが、組織の中にいて、あそこまで率直な発言をされるのは、たいへんなことと思います。相当腹をくくっているなぁと、感心します。特に、部落出身でない人が、ああして運動に関わりながら、運動に批判的なことを言うのは、ものすごーーーーくたいへんなことなのですが、さすが地道に活動を続けておられる自信のあらわれでしょうか。
 組坂委員長は、「この苦難を何としても乗り越えなければならない」と言っておられました。前後の発言が何かあるのかもしれませんが、それにしても、たいへんな違和感を感じます。「この苦難」って、何ですか? 同和不祥事の頻発? マスコミによる報道? 2002年3月で同和対策法が切れたこと? 組織が衰退してきていること?
 最近報道されている不祥事のことなら、20年以上前から問題であり、それを問題と思ってこなかった部落解放運動の「身から出た錆」ですから、「苦難」はおかしいです。今まで取り締まられるべき人が野放しになっていたり、批判されるべきことが批判されてこなかっただけで、それが是正されてきたのが、この2年間の「同和不祥事」で、マスコミや行政が超おそまきながら取り組むようになったのは、よろこばしい状況です。今、部落解放運動を取り巻く状況には、「苦難」というような外的要因に基づく困難はないですよ。運動が如何に現実の変化に適切に対応していくかということだけですから。僕に言わせれば、こんなに部落解放運動がやりやすい時代はないです。多くの部落大衆は(少なくとも過半数)、衣食住には困っていないのですから、その心配をしなくていいだけでも気が楽です。やっと、その日の生活の心配から、次の一歩へ、つまり部落差別を根っこから掘り起こして取り除く作業に集中できるのですから。
 それはともかく、藤田、佐々木、灘本のそれぞれがブログやホームページで発信しているのは興味深いです。部落問題について、社会に広く理解を求めようとするなら、いまのインターネットを使わない手はないです。少ない費用で、不特定多数に自分の考えや情報を提供できるのですから。
 2000年に私が京都部落問題研究資料センターの所長に就任したときに、最初に手をつけたことがインターネットによる情報発信です。そして、グーグルのクリック広告(アドワーズ)もすぐに利用しました。部落問題を社会に広く理解してもらおうとするなら、インターネットによる情報発信をしないということが、私にとっては理解できないことです。しかし、今の部落解放運動は、共産党系の人も含めて、情報発信をしたいという熱意があまり感じられませんね。行政とはまだまだ交渉したそうだけど。皆無というわけではないけれども、あまりにも発信への情熱が少なすぎます。
 インターネット上に、部落問題について無数の発信がなされる日が来たら、少しは状況も変わってくるでしょう。もちろん、インターネット上だけで部落解放運動ができるわけではないのですが、組織の上意下達ではなく、多くの人が、自主的な努力で、お金にならないことに汗をかく時がきたら、それが部落解放運動再生の日です。

※ 豊中・狭山事件研究会「ストーン・リバー」
   http://www2.odn.ne.jp/~cbs07960/
   http://burakusabe.exblog.jp/
※ 藤田敬一ホームページ
   http://www.h7.dion.ne.jp/~k-fujita/index.html
※ 京都部落問題研究資料センター
   http://www.asahi-net.or.jp/~qm8m-ndmt/
    「インターネット上で検索されている人権関係キーワードは?」
     http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/20031225.htm

『ちびくろサンボよすこやかによみがえれ』目次

 1999年5月、『ちびくろサンボよすこやかによみがえれ』(径書房、2400円+税)という本を出した。今から、もう9年前になる。
 このブログを読んでくださった方から、「『…よみがえれ』を書いた灘本昌久と、このブログを書いている灘本昌久が同一人物であることにやっと気がつきました」という趣旨のメールをいただいた。ははは。(^^;;;;
 確かに、一見すると『…よみがえれ』は絵本の話のようであり、このブログとは別世界の話である。しかし、『…よみがえれ』の本の帯のキャッチコピーに「人間をいたわるかのごとき運動は、かえって多くの兄弟を堕落させた。―全国水平社創立宣言より」と書いてあるように、単なる絵本論として書いたわけではなく、部落解放運動をはじめとする、様々な反差別運動に共通する運動の歪みや挫折の原因について書いたつもりである。
 とりわけ、第5章の「反差別の思想―被差別の痛み論批判」のところは、被差別に安住し、ルサンチマンをエロスの源泉として生きていくことが、いかに差別からの自己解放にとって大きな落とし穴になるかということについて、力を振りしぼって書いた。
 この記事を書くのにひさしぶりに自分の本を読んでみたが、まぁ、がんばって書いたなと思う。今日の同和不祥事の本当の原因を言い当てていると自分では思っている。
 まだ読んでいない方は、是非とも読んでください。どこか、近くの図書館にでもあるでしょう。参考のため、目次を載せておきます(ちょっと長いけど)。特に、第5章にご注目ください。
 できたら、部分的にでもウェブ上で読めるようにしたいとは思っています。作業しますので、しばしお待ちください。


ちびくろサンボよすこやかによみがえれ 目次

はじめに
第1章 サンボ絶版
  私と『ちびくろサンボ』の出会い―未知の世界への入口
  本が消えた!―『ちびくろサンボ』絶版
  子どものための推薦図書に選ばれる―歴史と評価
    サンボの誕生
    サンボの人気
    黒人にとっても名作だった
第2章 反サンボ運動の論拠アメリカ・イギリス・カナダ
  それは一九四五年十二月に始まった
    反サンボキャンぺーン[この物語を撤去しろ!]
    ワシントン・ポストの批判と反応[反サンボキャンペーンは過敏症です]
    だれが言い始めたのか?[サンボ=差別語]
    はじめはイラストが問題だった[黒人をおとしめるカリカチュア]
    サンボは非文化的で異常な食欲の持ち主です
       [黒人の未開性を示すストーリー]
    時代とともに変わる[差別の認定]
  反差別運動のいきすぎ―風と共に去りぬ
    ハティー・マクダニエル排斥運動[黒人がマミー役を演じたら攻撃します]
    再評価[ゆれる反差別運動の評価]
  カナダの反サンボ運動
第3章 反差別運動の正義 日本
  腑に落ちない反差別運動―なにが問題なのか
    議論する必要はない…………という論理
    世界中で絶版になった………という誤解
       イギリス
       アメリカ
    1冊ぐらいなくなっても………という論理
       キーツの反論
    出版社・マスコミの勉強不足
  差別語の判定―言葉狩り
    「サンボ」差別語説
    「マンボ」「ジャンボ」差別語説
    「サンボ」「マンボ」「ジャンボ」の語源
       アフリカ起源説
       アメリカ奴隷起源説
       シェルパ語起源説
    差別の基準はどこにおくべきか
       エスキモーは差別語か?
       ぞうりかくしチュウレンボウ
       馬鹿でもチョンでも
       強圧的な「正義」を疑え
  日本版『ちびくろサンボ』批判の集大成―末吉論文
    社会的文脈のなかで『ちびくろサンボ』を読むべきです
       イラストの差別性
       名前の差別性
      〝黒人=BOY″という差別性
      〝サンボ=奴隷″という差別性
       へレン・バナーマンの問題
       あなたは黒い肌を美しいと感じるでしょうか?
    裏返しの反差別論
       黒人にとっての不快感―サンボ・ステレオタイプ
       アメリカの罪
       芸術的な深読み
  岩波書店版『ちびくろサンボ』の文脈―黒い憂鬱
  文化圏を超えた差別?
  これは差別語と教えましょう―逆立ちした教育
  偽善的ヒューマニズム
第4章 『ちびくろサンボ』の現在
  よみがえる『ちびくろサンボ』―改作
    アメリカ
       レスター=ピンクニー版
       フレッド・マルチェリーノ版
       ジュディス・ラッセル版など
       反響
    日本
       ブラック・サンボくん
       チビクロさんぽ
       おしゃれなサムとバターになったトラ
       トラのバターのパンケーキ
  改作の評価
    差別論からみた改作の評価
    文学論としての改作の評価
    サンボと「ピーターラビット」の関係
第5章 反差別の思想[被差別の痛み論批判]
  差別される痛み―被差別者割引
    同和はこわい考
    被差別の痛みを疑え
    マイナスのセルフ・イメージ
    差別といかにむきあうか
      『蘭学事始』と「穢多の虎松」
       大河ドラマ「最後の穢多頭十三代弾左衛門」
    被差別者の被害妄想
  エロスの源泉―差別という甘い関係
    過剰な被害者意識
    ルサンチマンと欲望
  反差別運動の基盤喪失―反差別運動の存在理由
    対抗主義
       ある紅衛兵の告白
       左翼小児病の革命家
       社会浄化運動
       ちびくろ救援隊Tシャツ事件
  ヘイト・クライム―憎悪罪
  ふたたび『ちびくろサンボ』について
  おわりに

  付録

「VOICE」で部落解放同盟全国大会

毎日放送の報道番組に「VOICE」がありますね。月~金曜日夕方18:16~18:55放送です。
明日3月6日(木)の放映分で、部落解放同盟全国大会の模様が扱われ、同時に最近の部落解放運動(というか、いわゆる「同和不祥事」)に関するインタビューなどが放映されるらしいです。枯れ木も山の賑わいで、私も「通行人1」ぐらいで出るかもしれません。

橋下徹大阪府知事の発言

 さる2月25日、大阪府同和問題推進審議会が、「大阪府における今後の同和問題解決に向けた取組みについて〈提言〉」を橋下徹大阪府知事に提出した。その際、橋下知事は、概略、以下のようなコメントを発したそうである。もし、この通りなら、極めて真っ当で、安心した。是非、この通り実行していただきたい。
 現在の同和地区、とりわけ都市部、都市近郊の地域は、同和事業の長期間にわたる、過剰な施策により、メタボリック症候群状態である(物的というよりとりわけ精神的に)。一旦、大幅ダイエットに取り組んで、全く装いを新たに、高い志に根ざした人権施策を実施していただきたい。くれぐれも、今までの同和施策がダラダラ続くという幻想を部落解放運動関係者に与えないように、更地(さらち)の上に立て直す覚悟で。
 これは、運動に意地悪を言いたいわけでなく、踏ん切りをつけてもらうために。

※「大阪府における今後の同和問題解決に向けた取組みについて〈提言〉」(全文)
   http://www.pref.osaka.jp/fumin/doc/houdou_siryou1_18322.pdf
※大阪府同和問題解決推進審議会委員名簿
   http://www.pref.osaka.jp/fumin/doc/houdou_siryou2_18322.pdf


(以下は発言の要旨)
・ いただいた提言の内容を十分検討させていただき、同和問題の1日も早い解決をめざしていきたい。
・ 行政の取組みは、建前重視の部分があった。飛鳥に育って何が問題か体験してきているので、審議会の意見とあわせて、本質的な問題に踏み込んで対応して行きたい。
・ 若い人の意識については、後輩とは直接話した事はないが、特別な行政をやればやるほど差別意識、忌避意識が助長されてきたのではないか。
・ 「自分たちは特別なんだ。」という意識が芽生え、特別な事をやればやるほど、(周辺地域の)若い人たちは意味も分からずに、「何でここだけ?」ということになっていないか。
・ 世代の線引きは難しいが、不合理な差別を受けてきた層に対しては、施策が必要だと思う。徐々に不合理な差別がなくなる中で、施策をやりすぎると差別を助長させることになる。特別な対策をやりすぎてはいけない。
・ 運動のあり方に問題はなかったか、と思う。運動がなければ不合理な差別も解消されなかったが、時代とともに変えていかなければ地区外の人に分かってもらえない。
・ 差別の解消と地区外の人とのコミュニケーションをきちんととると言うことについて、運動側の考えを変えてほしい。自分の同級生はみなそう言っている。同世代の人たちが運動を引っ張っている時代。
・ 運動体としっかり話をしなければならない。解放同盟も含めて、対立構造ではなく、若いリーダーともきちんと話をして取組んでいきたい。

激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~

 『京都部落問題研究資料センター メールマガジン』244号(2008/2/28)に紹介されていましたが、NHKスペシャル「激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~」(2008.3.2 21:00~21:50 NHK総合2)は良かったです。涙なしには見られません。都会の経済的にも教育的にもめぐまれた青年たちが、奥地の貧困地帯に教員として赴任し、子どもたちを助けようと苦闘する話です。詳しい紹介は、下記のアドレスを見てください。
 創生期の同和教育(解放教育)を思い出させるような話で(差別が加わる分、かつての部落の状況がより深刻かも知れませんが…)、教育者なり部落解放運動活動家が初心に帰る手助けになるでしょう(たぶん)。もっとも、現在の日本あるいは部落の抱えている、「飽食の中の貧困」にはもはや当てはまらない話ですが。
 見なかった人は、是非、再放送(2008年3月4日火曜の深夜=水曜午前0時10分~0時59分 総合)で見てください。

※京都部落問題研究資料センター メールマガジン
   http://www.mag2.com/m/0000088471.html
※NHKスペシャル「激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~」
   http://www.nhk.or.jp/special/onair/080302.html

«  | HOME |  »

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

灘本昌久へのメール

ここから直接メールを送れます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
このメールの件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

このブログに、携帯からアクセスできます

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。