2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狩野永徳」展覧会の楽しみ方 (1)洛中洛外図にダッシュ!

「狩野永徳」展覧会の楽しみ方 (1)洛中洛外図にダッシュ!

 現在、京都国立博物館で特別展覧会「狩野永徳」が開催されています。有名な、「唐獅子図屏風」や新発見の「洛外名所遊楽図屏風」もすばらしいですが、中世賤民史研究の最重要資料の一つである「国宝 洛中洛外図屏風」は必見です。祇園祭の行列の警護に当たったり、弓のショップを出して販売・アフターサービスに努める「犬神人」(これは、宮崎駿監督「もののけ姫」に出てくる「石火矢衆」のモデル)、声聞師村の景観、市中を歩く「節季候(せきぞろ)」、犬追物(いぬおうもの)に使うためか犬を狩り集める「河原者」等々、都の賑わいの中に、京都の中世賤民が総出演です。しかも、みんな楽しそう。
 「唐獅子図屏風」のような大きな絵柄の作品は、学校で使う資料集の写真でもなんとなく鑑賞できるのですが、「洛中洛外図屏風」は細かく描き込んであるので、現物を見なくては、その良さはわかりません。とりわけ、上杉本は描写が繊細・精密なので、近くで見て初めてその値打ちがわかります。
 私も、写真集で見ていたあいだは、普通の屏風絵だと思っていたのですが、20数年前にはじめて「洛中洛外図屏風」(上杉本)の現物を見たとき、「あっ」と息をのみました。まさしく小宇宙の感じです。

 ・展覧会のメインのHP
   http://eitoku.exh.jp/index.html
 ・展覧会を紹介するテレビやイベント
   http://eitoku.exh.jp/event_tv.html
 ・主な展示作品
   http://eitoku.exh.jp/highlight.html

 ところで、中身の話は回をあらためるとして、今回の展覧会を見るにあたっての実践的アドバイスを少し書いておきます。

1.朝一番で入場しよう
 9時15分ぐらいには入場券売り場にならび、9時30分の開場と同時に入れるように、早く行っておくこと。今年の5月に相国寺であった「伊藤若冲」展ほどのギュウギュウ詰めではないけれども、開催第1週の午後2時に行った時には、平日なのに駐車場は満車で(結局、隣の豊国神社の有料駐車場にとめました)、会場の中も相当の混雑でした。

 ・展覧会のリアルタイムの混雑状況
   http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html  携帯からは、(http://www.kyohaku.go.jp/i/)

2.入館したら、まず「洛中洛外図屏風」に直行する
 どこも、まんべんなく混雑しているのですが、「洛中洛外図屏風」の前だけは別格で、黒山の人だかりです。絵の描写が細かくてガラスに張り付いて見ないと見えないし、地元の人が自分の近所を探していたり、遠くから来ている人も有名な神社仏閣、観光スポットをあれこれ探していて、全然動きません。もちろん、自分も前にたどり着いたら、吸い込まれて動けないので、人のことは言えませんが。(^^;;;; ともかく、入館したら、順路の中ほどにある、「洛中洛外図屏風」にまず直行してください。そして、10~20分ほど思う存分鑑賞していると、だんだん人ごみができてくるので、それからおもむろに、順路の最初からゆっくり鑑賞しましょう。

3.単眼鏡を持っていく
 なければしかたがありませんが、持っている人は、単眼鏡を持っていかれることを強くお勧めします。ガラスの奥の屏風絵までは1メートル近くあるので、細かいところがよく見えません。単眼鏡があると、まるでタイムワープしたように、描かれている人が生き生きと見えますし、絵師の筆づかいもわかります。
 今から買い求めるなら、「ニコン モノキュラーHG 5x15D」をおすすめします。単眼鏡は1500円ぐらいから、2万円ぐらいまで、値段の差があり、この機種は最高級に属するのですが、値段だけのことはあります。同じ倍率でも、視野が広く(つまり、のぞいた時に見えている丸い視野が大きい。安物は、節穴からのぞいているように、視野が狭い)、かつ他の機種より断然明るいです。また、「アイ・レリーフ」が長いので、メガネをかけたままでもよく見えます。(安物は、目をくっつけて見ないと見にくいのですが、ニコンのは、メガネで少し隙間があいてもよく見えます。)
 このニコンの単眼鏡は、5倍と7倍があるのですが、博物館・美術館での観賞専用には5倍をお奨めします。少しの差なのですが、7倍は手の振動でぶれやすいのと、倍率が高い分、絵の全体がみえにくいです。ただ、鴨川ぞいのカフェに座って、鳥の生態を見るような自然観察の利用も兼ねる場合は、7倍がお奨めです。7倍だと、月のクレーターも見えますし、サギが魚をついばんでいる様子もよく見えます。ちなみに、私は7倍を持っています。

 ・「ニコン モノキュラーHG 5x15D」
    http://www.ave.nikon.co.jp/bi_j/products/binoculars/monocular/hg_x15.htm
 ・「アイ・レリーフ」については、以下を参照。
    http://binoculars.at.infoseek.co.jp/seinou4.htm

4.「洛中洛外図屏風」をあらかじめ予習してから行く
 「洛中洛外図屏風」の前は、人だかりができるので、そんなにゆっくり見ることができません。ぜひ、どこにどんな物が描いてあるかを予習して、頭にたたきこんでから行きましょう。でないと、何がなんだかわからないうちに人ごみに押し出されて、何を見たかもわからないうちに、屏風から遠ざかってしまいます。
 この予習方法については、次回。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

灘本昌久へのメール

ここから直接メールを送れます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
このメールの件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

このブログに、携帯からアクセスできます

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。