2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灘本昌久「部落解放の新しい道」

 以下の文章は、1年前の2008年1月に、ある新聞社の依頼で書いたものであるが、その後、ボツになったものとみえ、音沙汰がない。捨ててしまうのももったいないので、ここに掲載しておく。
 こういうケースは、私の場合、よくあるんです。頼まれたから書いたのに、掲載を拒否されたり、頼まれたから引き受けた講演が、あとで取り消しになったり。もう少し、部内で腹をくくってから依頼してもらいたいものです。

====================================
灘本昌久「部落解放の新しい道」
 この二年間というもの、同和問題(部落問題)に関心があり、あるいはその解決を願う者にとっては、気の重い日々だった。東日本では、さほどではなかったようであるが、関西方面では、同和事業や部落解放運動「先進地」における醜聞が、繰り返し報道された。
 たとえば「飛鳥会問題」は、部落解放同盟の支部長が駐車場の使用料(年間数百万円)を着服していたばかりでなく、顧客獲得で学校教育現場に食い込みたかった銀行と持ちつ持たれつの関係をつくりながら、暴力団に数十億を融資させ、それが三十億円以上(一説によれば五十億以上)焦げ付いたというものである。また、奈良市では、市職員であった部落解放同盟の幹部が、十数年間にわたってほとんど仕事をせずに、市役所内を徘徊して談合や職務強要を重ね、妻の経営する建設会社に仕事を受注させた。
 今回明らかとなった不祥事の問題点は、こうしたことが引き起こされたこと自体もさることながら、それらの事象が長年多くの人に認識されていながら、放置されてきたことである。たとえば飛鳥会事件の小西邦彦氏は、一九八五年の暴力団抗争で射殺された組長に、愛人用のマンションを提供していたことが明らかとなり、事件後、部落解放同盟大阪府連の委員を辞任したと聞いていたが、よもや支部長として居座っていたとは、開いた口が塞がらない。便所の差別落書きでさえ、その施設管理者の責任を「差別体質」として厳しく追及してきた運動団体ならば、自らの「腐敗体質」として猛省・改善してもらわなければならない。
 また、同和地区住民を多く雇い入れ、就業保障してきた自治体における職場規律の紊乱も、昨日今日起こった問題ではない。私は、運動と行政の力関係がそのまま職場に持ち込まれることによる職場の混乱や不正行為が、いずれは世論の袋叩きに会って、同和問題への理解を訴えるどころではなくなると心から心配してきた。「特に悪質な職員五人ぐらいの首をばっさり切ればシャキッとするのに」と言わざるを得ない状況になったのが、一九八〇年代、かれこれ二〇年以上前のことである。
 かつて同和地区の生活は貧困で、教育の機会もあたえられず、そうした悲惨な生活実態が差別意識を助長していた時代があった。そこから今日の改善された状況にまでひっぱってきたのは、部落解放運動の大きな功績である。しかし、一九六〇年代末から本格的に開始された同和事業は高度経済成長とあいまって、差別問題解決の妨げになるような極端な貧困をなくしてきた。現在の同和地区にみられる貧困の多くは、差別とは無関係に存在しうる、日本社会全体に広がる貧困・格差の一端であり、部落問題として取り扱っても解決は不可能である。
 確かに、同和事業という経済的利益の獲得を期待されるようになった団体が、そこから足を抜くのは、部落解放運動でなくとも困難なことである。しかし、マスコミをにぎわした「最強の弱者」というべき得体のしれない人たちに食い込まれ、差別解消を犠牲にしてまで生き残ったとすれば、部落解放運動としては本末転倒であろう。
 今回、マスコミによって、問題点が明らかにされ、かつ世論の批判が冷静な範囲内にとどまっているのは幸いであった。この際、施策獲得を中心とする古い運動の路線を捨てることによって、組織が十分の一のサイズに縮小するとしても、新しい道を進むべきである。もし部落解放運動が、行政を主たる相手にした守旧的運動に固執するならば、今までの数十年間の先人の努力を食いつぶすことになり、ついには、「偽装弱者」の汚名さえ着て、消滅していくことになるだろう。
====================================
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

灘本昌久へのメール

ここから直接メールを送れます

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
このメールの件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

このブログに、携帯からアクセスできます

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。